営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084
03-3388-8079

グリストラップとは?

グリストラップの構造と各部の働き

飲食店などの厨房からは油脂類を含んだ水が排出されるため、グリストラップの設置が義務付けられています。グリストラップとは、排水中の油脂分を分離・貯留して排水管・下水道管に直接流さないようにする装置です。オイル阻集器(そしゅうき)」とも言います。

グリストラップの構造

                               南陽市HPより

各部の働き

  • 1槽目
    食品などのごみを金網のバスケットで受けます。バスケットから抜ける細かいごみは、グリーストラップの下に沈殿していきます。
  • 2槽目
    水より軽い細かいごみと油脂を浮かせ、油脂が3槽目に行かないように上部に溜めます。再度食品などのごみを沈殿させます。
  • 3槽目
    槽の下部にあるパイプのトラップを使い、下から水取り入れ、更に油脂分を分離して、外部に流します。

グリストラップの清掃方法

グリストラップの設置が義務付けられ、グリストラップでの油処理は施設の衛生面から、また悪臭の追放の点からも定期的に清掃をすることが要請されています。

グリストラップの適正な清掃方法や頻度については自治体がガイドラインが示されています。ガイドラインにしたがって清掃を行い、基準を超えた排水を下水に流さないことが大切です。

各部の清掃

第1槽:バスケット

 

  • 1槽目バスケット:毎日清掃する。

第1槽目バスケットは、厨房などからの排水が流れて通る場所なので、ゴミや残飯、カスなどさまざまな固形物が溜まります。 第1槽目のバスケットは毎日最低でも1回以上掃除して、溜まったゴミやカスを捨てるようにしましょう。 バスケットに水切りネットをかぶせるとゴミが取り出しやすくなり、手間が少なくて済みます。

第2槽・第3槽:水面に浮いた油脂(スカム)と汚泥(スラッジ)
  • 2槽目に浮いた油:毎週清掃する。
  • トラップ内汚泥・沈殿物:毎月清掃する。

グリストラップ底部分に沈殿物が溜まっていないかどうか月に1回以上、確認し、溜まっている場合には清掃が必要です。沈殿物は細かいごみや油脂などでヘドロ状になっています。

第2槽目の水面に浮いた油脂は少なくても週に1回の清掃が必要です。油脂には、細かいごみが付着しており、油が酸化すると嫌な臭いを発生する原因になります。

当社がお勧めする方法は第2槽、第3槽の水面上に浮いている油脂に対し、粉状のスノム水面用を散布して油脂を吸着させ、網で回収する方法です。水中に漂っている乳化した油も回収できます。

当社のスノムマット水面用(40cm×40cm)は長時間水に浮いていて、流れてきた油脂を吸着します。表面が茶色に色が変わったらマットの交換のサインです。

グリストラップ内部全体
  • 3ヵ月に1度清掃する。

​​グリストラップをこまめに清掃をした場合でも、汚れや油脂がこびりつきます。そのため、3ヶ月に1回程度、グリストラップの洗浄が必要です。洗浄はごみを取り除いた後、汚れた水をくみ取り、洗剤でグリストラップの汚れを落とします。

第3槽には「トラップ管」と呼ばれる排水管があります。この排水管部分には油脂分がこびりつき、ヌメリが発生しやすくなっています。フタを外し、ブラシなどを使って内部の汚れをこすり落としましょう。清掃が終わったら忘れずにフタを閉めるようにしましょう。

食品などのごみは一般廃棄物、油膜と沈殿物は産業廃棄物として処理してください。

                                   東京都HPより

清掃を怠ると発生する問題

悪臭の追放
  • 悪臭の原因は、水面の上に浮いた油脂(スカム)と底に沈んでいるゴミと汚泥(スラッジ)の2つです。
  • 水面上に浮いた油脂(スカム)は臭いの根源で、グリストラップを清掃する時に最初に目につきます。週に1度程度、定期的に取り除くことによって悪臭を防ぎます。
  • グリーストラップの底に沈殿しているゴミ・汚泥(スラッジ)は悪臭を放つ原因になります。毎月清掃することによって悪臭を防ぎます。
油脂の流出
  • 油脂の流出により、排水管のつまりの原因になります。
  • 注意ポイントは、1槽目のバスケット:せき止めた食品クズやゴミがたまっていきます。バスケットを掃除しないでいると目が詰まってしまい、排水がうまくいかなくなります。
  •  
  • 2槽目、3槽目の浮いた油:油分が許容量を超えてしまうと、排水管が詰まりやすくなります。油がたまることでグリストラップ全体にゴミが広がり、厨房の排水管にも生ゴミが入りこんだり、汚泥が付着しやすくなります。
  • いずれも定期的な清掃をすることで問題が解消されます。
害虫の発生
  • グリストラップを清掃せずに放置しておくと、コバエやチョウバエなどの害虫が発生することがあります。衛生環境が悪くなっているからです。
評判の悪化
  • グリストラップの臭いや害虫の飛来を外部訪問者が感じたり、目にすることにより、評判が悪くなる恐れがあります。飲食店であればなおさら、悪い評判が広まりやすくなります。
  • 嫌な臭いが漂うお店で気持ちよく食事をしようという気持ちにはなれません。お客様が気分を損ねて、ほかのお店へと逃げてしまう可能性もあります。臭いや害虫が出る前に対策を施すことが必要です。
下水道への流出

グリストラップから下水道への排水基準に関しては水質汚濁防止法で規制されています。国と自治体が排水の上限を決めています。基準をオーバーしないよう注意が必要です。

臭いや害虫の発生に対応するおすすめ商品

グリストラップの臭いや害虫の発生を防止する2槽目、3槽目の清掃に役立つ商品群です。。

スノムマット水面用
油吸着量:1枚あたり1.8kgの油を吸着します。水に浮く力が特に強く、長期間水に浮いていて、網等でかき混ぜ水面の油回収のできます。作業が簡単です。
回収が簡単!

スノム油回収袋
浮かべるだけで油の回収ができ90日以上浮いています。1kgで4.5kgの油を吸着し、3mの回収ひもが付いていて地下のグリーストラップにも簡単に使えます。
地面下のグリストラップに
 

スノム水面用
油水分離槽やグリーストラップ清掃など水面の油を回収します。1kgで4.5kgの油を吸着、かき混ぜても沈まず、水中の油回収ができます。回収袋付き
どこでも使えコスト重視に

以下のページをご参考に

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。

お問い合わせ・無料相談はこちら

有限会社アセンティー関東のホームページにお越しいただきありがとうございます。
お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

03-3388-8084

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)