営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084
03-3388-8079

駐車場に漏れた油の処理方法

道路に漏れた油の処理について

駐車場にトラック、乗用車やバイクから軽油、ガソリン、エンジンオイルなどが漏れる事故が発生し、車がスリップして事故につながるなどの可能性があります。道路上に油が流れると、舗装の道路では油が短時間でアスファルトに染み込み、道路側溝などへと流出することがあります。

主な油漏れの原因としては
1.トラックの燃料タンクが縁石衝突で軽油漏れ 
2.燃料蓋の脱落による軽油の流出 
3.接触による燃料油の流出 
4.エンジンオイル漏れ
があげられます。

駐車場に漏れた油の処理方法(特に雨の日、水たまりなど)

雨の日はスリップ等も多く、漏れた油の上を車が走り大きな事故になるケースがあります。
茶色や黒色の粘度の高い液漏れであればオイル関連の液漏れの可能性が高く、引火する可能性も否定できないので非常に危険です。
オイルを流れたまま放置してしまうと火災のリスクや漏れた油の上を走行しスリップしてしまい、二次災害を招く可能性があり、また道路側溝を伝わって河川に流出するなど環境問題に発展する可能性もあります。交通安全や被害が広がるのを防ぐためにも漏れた油の回収、処理が大切です。
 

エンジンオイル・軽油漏れの処理方法

アスファルトやコンクリートの路面はゴツゴツとしているので粉状の油吸着材を撒くのが適切です。

道路・駐車場での油処理:通常の場合

  1.  道路・駐車場のこぼれた油に対して、スノムワイド(N)を撒きます。特殊加工されたスノムは瞬時に油を吸着します。
  2. 油を吸着すると黄土色から茶褐色に変わりますので色が変わらなくなるまで(頂上が茶色ですと撒く量が足りません)適量撒いてください。
  3. 吸着したら10分程後にほうき、掃除機で回収します。
     

道路・駐車場での油処理:黒いシミになった油の処理
台所洗剤でやってもなかなか落ちない黒いシミ。ガレージなどのコンクリート上で車のエンジンオイルや軽油が漏れているのを放っておくとで黒いシミになります。車のオイル漏れによる汚れを見つけた場合、スノムワイド(N)で対処できます。

  1. オイル漏れによる汚れを見つけたら、黒いシミのところにスノムワイド(N)を撒き、吸着するのを待って取り除く。オイル漏れの発見が早い場合はスノムを撒くだけで良いかもしれません。
  2. シミが残っている場合はコンクリート表面の油が取れたら、重曹を使用して汚れを取り除きます。
  3. オイル漏れで汚れた部分にお湯で溶かし、ペースト状にした重曹ををかけます。重曹ペーストを擦り込むイメージでたわしでこすり、数時間放置し、その後、洗い流して掃除終了です。
  4. 完全に元通りにすることは難しいですが、しっかりと油分を取って、適切に処理をすれば、ほぼキレイになります。
  5. スノムワイド(N):コンクリートに染み込んだ油の処理を紹介します。

     

 

スノムワイド(N)

スノムワイド(N)

瞬時に油を吸着し油の再流出がありません。水を弾き油だけを吸着、吸った油はバクテリアが油を水と油に分解します。10kg22kgの油を吸着します。
陸上、水面等幅広くお使いいただけます。

スノムワイド(N)は水を吸わずに油だけを吸着します。水たまりに浮かぶ油も瞬時に油だけを吸い上げます。
吸い上げた油は原料の多孔質カプセルに閉じ込めるため、油が再度流れ出ることがありません。
含まれているバクテリアが油を水と炭酸ガスに分解します。環境にダメージを与えない自然原料で作られた油吸着分解材です。

スノムなら路上での漏油事故や災害時の漏油処理など様々な状況に対応できます。

ガソリン漏れの処理方法

ガソリンは、ちょっとした火でも引火する可能性がある危険物燃料です。引火点もおよそ-40℃なこと、揮発性がとても高く、気体になりやすい物質で、常温では気化して蒸気を発生させる性質をもっています。この蒸気は可燃性で、静電気などの小さな火花でも容易に引火し、爆発的に燃焼する、非常に危険な物です。ガソリンの蒸気は空気より約3~4 倍重いので、低所に滞留しやすく、くぼみなどのどの低い所に溜まりやすいうえ、目にも見えないため火災の危険を非常に大きくします。 

スノムゲル化剤

スノムゲル化剤(SW)

 

ガソリン等の揮発性の高い油の処理 
スノムゲル化剤(SW)のポイント

  • 揮発性の高い油や溶剤を迅速にゲル化(液体からゼリー状に凝固すること)し、発火等の危険を防止します。
  • スノムゲル化剤(SW)は油を吸着後、ゲル化し、油を吸着した粉末同士がくっつくので回収が大変容易です。
  • 油100ccに対し60gを目安 にスノム-ゲル化材(SW)を撒布してください。 油層が厚い場合は混ぜて下さい。
  • 低公害なため、海苔・魚介類の養殖場に流出した油を生き物にダメージを与えずに処理します。

お問い合わせ・無料相談はこちら

有限会社アセンティー関東のホームページにお越しいただきありがとうございます。
お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

03-3388-8084

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)