営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084

メールお問合せはこちら

03-3388-8079

環境に大きな影響を与える流出油

流出油がもたらす影響

環境に大きな影響を与える流出油事故は過去にも何度もありました。文明の機器は今や私たちの生活に欠かせないものとなっています。それらを動かすエネルギー源として、古くから石油が多く使われています。石油といっても原油や重油、軽油、ガソリンなどがあります。エネルギー源である石油は便利なものですが、使われてきた長い歴史の中で多くの事故が起きており、過去に何度も大きな石油流出事故が起きています。

石油流出事故によって起こる被害


石油流出事故の被害は、人間への健康被害、地球環境や生態系の破壊など広範囲に及びます。海に流出すれば、魚や鳥、海に生息している哺乳類に影響を及ぼします。ニュースでも鳥が石油まみれになっている姿を見かけた方は多いと思います。鳥が毛繕いする際に体内に石油を取り込むことで、内臓の機能が破壊されます。また油によって羽毛が損傷し、飢餓や溺死する可能性が高くなります。

石油の特性として揮発性があり、蒸発したものにはベンゼンなどの有害成分が含まれています。有害成分を体内に取り込むことで、機能障害が起こります。これらの被害が拡大することで、海に生息する魚や鳥などに被害が及び、生態系サイクルのバランスが崩れるのです。また、海面に浮いたままの油膜によってプランクトンが死滅すると考えられています。プランクトンは生態系の中でも重要な部分を構成している生物です。プランクトンが減少することで、海洋生態系にも影響を及ぼすことは容易に想像ができます。

人々に対する被害

海が汚染されることで、漁業に影響があります。石油には匂いがあるため、石油を体内に取り込んだ魚や鳥などは食用として使えず、漁業や海洋栽培にも被害が及びます。浮遊油によって釣り船や専用の道具などが油にまみれますし、海洋栽培施設に深刻なダメージを与えます。

石油流出事故を防ぐためにも、事前に事故対応に備えておかなければいけません。当社では漏油や油流出事故防止に最適な油吸着材スノム製品を販売しております。自然物のみを使用した安全性が高い油吸着材となっており、独自の技術によって水をはじき、油のみを吸着する仕様となっています。鉱物油や動植物油をしっかりと吸着します。

産業に対する被害

大規模な石油流出事故が起こった場合、多かれ少なかれ、漁業に影響が出るのは避けられないことです。死滅しなかったとしても、魚介類に石油臭が着けば、商品にはならなくなります。汚染海域の養殖場では、壊滅的な被害を受けるでしょう。また、魚介類に対する実際的な被害は軽微だったとしても、周辺海域で獲れた魚介類を買い控えるといった行動が起こるのは避けられないと考えられます。

また、流出油が打ち上げられた海岸では、観光産業も大きな打撃を受けます。漁業や観光産業の他にも、火力発電所や原子力発電所など海水を大量に使用する施設では、流出油の被害が発生します。これらの施設では冷却水として大量の海水を使用しているため、取水口から取り込まれた海水に油が混じっていた場合、配水管が汚れて出力が低下したり、最悪の場合には操業を停止しなければならない事態も起こり得ます。

また、汚染海域では、油の汚染や回収作業によって、船舶の航行が制限されることが多いです。船舶交通の制限は物流や人の流れに影響を及ぼすため、流出事故の間接的な影響は汚染地域のみに留まらずより広い範囲に及ぶことがあります。

流出油の処理

流出してしまった油は、環境への負荷を考え、できる限り早期に除去するの必要があります。石油の処理の仕方は、物理的回収と、処理剤を使い化学的に油を処理する化学的回収に分けられます。他に、バイオレメディエーションを用いての石油処理が行われる場合もあります。以上の努力でも処理しきれなかった油は、海岸に漂着したり、海の中を彷徨うことになります。漂着した油については海岸のクリーンアップ(海岸清掃)によって、出来る限り早く除去するのが望ましいです。
海岸に押し寄せ、岩や小石等に付いた油を粉末の油吸着分解材を使用して吸着することができます。また植物の根が入り組んだ場所の油除去には大きな力になります。植物由来の油吸着材で中に入っているバクテリアが油を水と二酸化炭素に分解、環境への影響を減少させます。

流出油に対応するおすすめ商品

スノムゲルフェンス

吸着した油をゲル状化し、油の再流出がなく水に沈まない水陸両用タイプです。油の広がりを抑えると共に、油吸着機能を備えています。

  • 水面の浮油、床面及び複雑な構造部分にある油の吸 着処理等に使用できます。
  • 必要に応じてつなぎ合わせることも可能です。
  • 空港・化学工場等での流出油及び溶剤類を吸着させ る場合、油の気化する性質を抑え、発火等の 危険性が抑制されます。
スノムマット水面用

3ヶ月以上水面に浮いていて、水面の浮油・油膜を吸着します。油を吸着するとマットの吸着状態が一目でわかります。

  •  「スノムマット水面用」は、90日間沈みません。 ただし、マットにヘドロなどの不純物が付着した場合その限りではありません。) 
  • 油を吸着すると白い袋が半透明になり、中のケナフが黄土色から茶褐色に変わり吸着状態がすぐわかります。上部まで茶色になったら油を能力まで吸い上げていますのでマットを交換して下さい。 

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。

お問い合わせ・無料相談はこちら

有限会社アセンティー関東のホームページにお越しいただきありがとうございます。
お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

03-3388-8084

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

サイドメニュー