営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084
03-3388-8079

環境に影響を与える流出油

文明の機器は今や私たちの生活に欠かせないものとなっています。それらを動かすエネルギー源として、古くから石油が多く使われています。石油といっても原油や重油、軽油、ガソリンなどがあります。エネルギー源である石油は便利なものですが、使われてきた長い歴史の中で多くの事故が起きており、過去に何度も大きな石油流出事故が起きています。

石油流出事故によって起こる被害

石油流出事故の被害は、人間への健康被害、地球環境や生態系の破壊など広範囲に及びます。石油は原油を作り替えた人工的なものです。海に流出すれば、魚や鳥、海に生息している哺乳類に影響を及ぼします。ニュースでも鳥が石油まみれになっている姿を見かけた方は多いと思います。鳥が毛繕いする際に体内に石油を取り込むことで、内臓の機能が破壊されます。また油によって羽毛が損傷し、飢餓や溺死する可能性が高くなります。

 

石油の特性として揮発性があり、蒸発したものにはベンゼンなどの有害成分が含まれています。有害成分を体内に取り込むことで、機能障害が起こります。これらの被害が拡大することで、海に生息する魚や鳥などに被害が及び、生態系サイクルのバランスが崩れるのです。また、海面に浮いたままの油膜によってプランクトンが死滅すると考えられています。プランクトンは生態系の中でも重要な部分を構成している生物です。プランクトンが減少することで、海洋生態系にも影響を及ぼすことは容易に想像ができます。

 

人々に対する被害

海が汚染されることで、漁業に影響があります。石油には匂いがあるため、石油を体内に取り込んだ魚や鳥などは食用として使えず、漁業や海洋栽培にも被害が及びます。浮遊油によって釣り船や専用の道具などが油にまみれますし、海洋栽培施設に深刻なダメージを与えます。

 

石油流出事故を防ぐためにも、事前に事故対応に備えておかなければいけません。当社では漏油や油流出事故防止に最適な油吸着材を販売しております。自然物のみを使用した安全性が高い油吸着材となっており、独自の技術によって水をはじき、油のみを吸着する仕様となっています。鉱物油や動植物油をしっかりと吸着します。ぜひ通販にてお買い求めください。

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。