営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084
03-3388-8079

ビニールハウス 油流出事故処理

ビニールハウス内外に漏れた油の処理について

生鮮野菜や果物の多くがハウス内で栽培され、温度管理のために暖房を使用しています。経年劣化や不注意により油が流れ出すことがあります。油流出によって作物が枯れてしまったり、臭いがついて出荷できなくなるなど大きな被害が発生します。
また排水路を伝わって河川に流れ込むリスクがあり、
油流出事故が起きると川の水が汚染されて、魚などに被害を与え、水道水を川から取水できなくなるなど、 私たちの生活環境に重大な支障を引き起こします。
温度管理に腐心している環境では安全対策を徹底する必要があります。その一つとして挙げられるのが、作業場の改善です。燃料タンクの配管に気を配り、燃料漏れがないか、臭いが強くなっていないかなど日頃の点検が大事になってきます。油漏れ対策も重要になります。

 

燃料貯蔵タンクの油漏れ処理

  • 農業用ハウスの燃料タンクから重油が漏れ、水路へ流出する事故が発生しています。油漏れは火災の危険性があり、また、農作物等への被害を引き起こすだけでなく河川や海、水田への環境汚染など思わぬ被害を長期にわたって及ぼすことがあります。

タンク・配管等のバルブの管理、タンク・配管等からの油の漏れ、にじみを点検すること、給油作業時に目を離さないことが重要です。経年劣化による燃料タンクの倒壊、腐食による長期間の油漏れなどに注意する必要があります。

暖房燃料として使用する燃料タンク転倒による、油流出事故が発生したり、台風や地震により転倒することがあります。

保有には、危険物として貯蔵取扱数量により消防法や火災予防条例で規制されています。
貯蔵タンクの容量が、重油の場合「400リットル以上2,000リットル未満」
灯油の場合「200リットル以上1,000リットル未満」の場合には、少量危険物として火災予防条例で規制されています。

流出防止措置(防油堤の設置)、転倒防止(固定)、タンクのさび止めなど技術上の基準や維持管理、消防への届け出が定められています。これらの設置基準に違反すると罰則が適用される場合がありますので、ご注意ください。

大量の油が漏れた場合には現場の汚染想定土壌の範囲、油の種類、 漏れた油の推定量、 現場の砂の種類を専門家に依頼し、調査する必要があります。
調査結果により
土の入れ替え、またはバイオによる原位置での油浄化を決めるのがよいでしょう。

ほ場の油漏れ処理

圃場内にトラクターのエンジンオイルの漏れに気づかずばらまいてしまった。燃料油を持ち運び中にこぼしてしまった等の事故があります。油漏れ土壌では植物は生育しなくなります。畑の表面だけではなく、通常は表面から数十センチメートルまで油が染み込んでいます。早急に土壌から油分を除去する必要があります。20,000ppm以下ならスノム土壌(NS-1)を使用し、施工できます。

排水路から河川への油の流出処理

時にはハウス内外で漏れた油が排水路を伝わって流れ出て河川に流出してしまうことがあります。ハウス内の地下配管からの油漏れや燃料タンクの塩ビ管パイプの破損で燃料が漏れ、雨水ますや道路の側溝を伝わって流れ出て大きな事故につながっています。早期の対応が重要になります。水質事故が発生、発見した場合には、すみやかに最寄りの土木事務所や消防署にに連絡をします。また万一に備えるため灯油・重油タンクの周りに流出防止装置を設けるなどが必要です。

ビニールハウスの油流出処理

ビニールハウスの油流出におすすめの油吸着剤・油吸着材

小規模の油汚染土壌を約1ヶ月で浄化が完了します。

10kgで25kgの油(軽油換算)を吸着します。

排水路に流れ出る油を吸着します。紐付きなので回収が楽です

お問い合わせ・無料相談はこちら

有限会社アセンティー関東のホームページにお越しいただきありがとうございます。
お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

03-3388-8084

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)