営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084
03-3388-8079

お役立ち情報

石油などの油は様々な用途で使われており、無くてはならない資源の一つです。しかし油による油汚染問題も深刻化しています。便利な油を安全に使う為にも、油汚染と分析方法について知っておきましょう。

油汚染と分析について

油の種類

油汚染の定義は、簡単にいうと使用している油によって周辺に油汚染の被害を生じさせているか否かになります。

油といってもご家庭や工場や施設によって使用する油は違い、大きく分けると鉱物油と動植物油に分けられます。油汚染による被害の多くが鉱物油となっています。土壌汚染されているかをチェックする方法として、人による嗅覚、視覚による判断と、TPH分析によって行われます。

 

油臭の測定

臭いの感じ方は人によって異なるため、六段階臭気強度表示法が設定されています。0は無臭、1はわずかに臭いがする、2は何の臭いなのかわかる程度、3は簡単に分かる臭いの強さ、4は強い臭い、5は4よりもさらに強い臭いになります。

 

TPH分析

TPH分析では水質汚染、土壌汚染の調査を行います。「GC-FID法」「重量法」「赤外法」の3つがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。「重量法」は検査が簡単ですが、低沸点の油の測定や油の種類の判別ができません。「赤外法」は低沸点でも検査が可能ですが、重量法と同様に油の種類の判別ができません。「GC-FID法」は油の種類の判別が可能です。

 

調査によって油汚染が発覚したら、速やかに原因を解明し油漏れ対策を講じる必要があります。油漏れ対策には、ぜひ当社が販売している油吸着分解材スノム製品をご活用ください。従来の油吸着分解材は水に濡れると油の回収が難しいという問題がありました。しかし、油吸着分解材は当社の独自開発による撥水加工が施されており、油のみを吸着します。

 

吸着できる油は重油や原油、灯油、植物油など多岐にわたります。吸着した油はバクテリアによって水と炭酸ガスに分解されるので、自然に優しく安全性が高い商品となっています。通販サイトにて販売している商品の一つ、スノム土壌は油汚染土壌を浄化し再生しますので、漏油現場、作業場などの土壌汚染対策に最適です。

 

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。