営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084
03-3388-8079

吸着後の処理方法と注意点

油を吸着したスノムはどのように処理すればよいですか?

スノムは燃えますか?

スノムは自ら発火することはありませんが、燃やすことはできます。スノムが自ら発火することはありませんが、例えばマッチで火をつければ燃えます。従って、油を吸着したスノムは燃料としても使えます。スノムは、粘土などを含んでいないため、焼却灰の残留もごくわずかです。

油を吸着したスノムを土の中に埋めてもよいですか?

土に埋めるとスノムの中に入っているバクテリアが油を分解します。スノムを土の中に埋めても内包されているバクテリアが油を分解します。但し、生分解の速度は、油の種類・量・環境に影響されます。
スノムは堆肥としての使用や廃棄以外に焼却も可能で、焼却の際の残渣が極めて少ないのも特長です(最後の質問に具体的な処理についてまとめています)。油吸着後の処理に関しては、地域の管轄役所にご確認下さい。

油吸着後のスノム処理について東京都江東区の場合、燃えるごみで廃棄可能ですか?

一定の条件下で可能です。一定の条件のもとでは「通常のゴミ(事務系一般廃棄物)」として廃棄可能です。各自治体ごとに違うので、必ず確認して下さい。

スノム使用後(油吸着後)分解して土と混ぜて堆肥として処分できるとありますが 実際に堆肥として処分している所、また固形燃料として再利用している所はありますか?

敷地内で土に還す、自社で焼却処分している事業所はあります。処理後のアンケート調査等は行っておりませんが、少量使用のところは自社の敷地内で土に還すか事務系一般ゴミとして処分しているところが多いようです。
大手自動車会社様のようにラインで使用されて大量に廃棄するところは、自社で焼却処分されています。スノムは低温(発火温度450℃、焼却温度600℃前後、オイルマットは、1,000℃程度になる)で燃えるため、焼却炉を傷めません。

スノムマットの袋は使用後(油吸着後)はどう処理したら良いでしょうか。

生分解性ですから、土中のバクテリアにより分解・消化されます。スノムマットの外側の袋は、とうもろこしのでん粉でできていて生分解性ですから土中のバクテリアにより. 分解・消化されます。土中の堆肥化を促進するバクテリアの環境. (水・空気・温度・栄養素)により期間は変わります。

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。

お問い合わせ・無料相談はこちら

有限会社アセンティー関東のホームページにお越しいただきありがとうございます。
お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

03-3388-8084

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)