営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084
03-3388-8079

よくあるご質問

吸着後の処理・処分方法

 

油を吸着したスノムはどの様に処理すればよいですか?

油を吸着したスノムは、通常落ち葉などの植物系のゴミと同じ方法で処理できます。使用後のスノムは、庭・草花の堆肥にしたり、埋立場に廃棄したりします。但し、吸着限界(※手で触ると手に油が移る状態。)を超えたスノムの外側には油が付着しているため、そのままの廃棄はよくありません。この場合はスノムを追加投与してください。スノムは堆肥としての使用や廃棄以外に焼却も可能で、焼却の際の残渣が極めて少ないのも特長です(最後の質問に具体的な処理についてまとめています)。油吸着後の処理に関しては、地域の管轄役所にご確認下さい。
 

スノムは燃えますか?

スノムが自ら発火することはありませんが、例えばマッチで火をつければ燃えます。従って、油を吸着したスノムは燃料としても使えます。スノムは、粘土などを含んでいないため、焼却灰の残留もごくわずかです。

油を吸着したスノムを土の中に埋めてもよいですか?

油を吸着したスノムは、通常落ち葉などの植物系のゴミと同じ方法で処理できます。使用後のスノムは、庭・草花の堆肥にしたり、埋立場に廃棄したりします。但し、吸着限界(※手で触ると手に油が移る状態。)を超えたスノムの外側には油が付着しているため、そのままの廃棄はよくありません。この場合はスノムを追加投与してください。スノムは堆肥としての使用や廃棄以外に焼却も可能で、焼却の際の残渣が極めて少ないのも特長です(最後の質問に具体的な処理についてまとめています)。油吸着後の処理に関しては、地域の管轄役所にご確認下さい。
スノムを土の中に埋めても油は生分解します。但し、生分解の速度は、油の種類・量・環境に影響されます。

油吸着後のスノムを東京都江東区の場合、燃えるごみで廃棄可能ですか?

一定の条件で「通常のゴミ(事務系一般廃棄物)」として廃棄可能です。各自治体ごとに違うので、必ず確認して下さい。

スノム使用後(油吸着後)分解して土と混ぜて堆肥として処分できるとありますが 実際に堆肥として処分している所、また固形燃料として再利用している所はありますか?

処理後のアンケート調査等は行っておりませんが、少量使用のところは自社の敷地内で土に還すか事務系一般ゴミとして処分しているところが多いようです。大手自動車会社様のようにラインで使用されて大量に廃棄するところは、自社で焼却処分されています。スノムは低温(発火温度450℃、焼却温度600℃前後、オイルマットは、1,000℃程度になる)で燃えるため、焼却炉を傷めません。

スノムの廃棄方法 まとめ

スノム廃棄に関する規制及び注意点
廃棄物とは、排出者水から利用し不要になった物を指し、事業に伴い発生したものは産業廃棄物と事務系一般廃棄物に2つに区分されます。廃棄物に含まれる油分に関して、
油分5%を超えるもの:産業廃棄物として焼却処理が必要
油分5%以下のもの :事務系一般廃棄物となります。
 
また、有価物(他人に有償売却できるもの)に関しては廃棄物の対象となりません(厚生省産業廃棄物対策室、東京都庁清掃局 環境指導部産業廃棄物指導課より)。
 
スノムは吸着限界を超えない範囲であれば、雨水等と接触しても吸着した油を再び溶出することはなく、時間の経過とともに油を水と二酸化炭素に分解・消化します。自地敷地内に放置しても特に問題はありません。
 
事務系一般廃棄物として処理する場合は、吸着限界まで吸着した油分であっても、約3ヵ月後には5%以下になります。そのまま自地敷地内に放置しても、スノムの残滓は土壌菌によって土に還ります。環境指導部産業廃棄物指導課では、これを「生物処理による事故処理」と認識しています。
 
吸着された油が分解されるまで待つことができない場合は、吸着後のスノムに土砂等を混ぜて、全体の油分を5%以下にして処分することも可能です。
 
尚、吸着した液体が廃棄に関する法令の規制を受ける有害物質である場合、その法令に従ってください。(スノム自体の成分は、廃棄について一切法令の規制を受けません。)
平成22年1月5日 有限会社アセンティー 技術部
 
1.スノムの生分解機能で油分を分解・消化させて土の堆肥とする。
 ①スノムは、油を吸着するとスノム組織内のカプセルに油を閉じ込めて油が再流出することは、ありません。
 ②カプセルに閉じ込めた油は、スノムに含有されている油を食べる微 生物(スノム1gに対して、約1000万固体の微生物を含有)が約1ヶ月で油を分解・消化します。
 
2.油を吸着したスノムを焼却する。
 スノムは、低温で焼却するため、焼却炉を傷めません。また灰分は 9.2%となり残渣率が軽減されます。
 
3.油を吸着したスノムを『廃棄物』として処分する。
  油を吸着したスノムが、産業廃棄物か一般廃棄物は、所轄の市町村の処理能力や見解によって取扱が異なり、意見の分かれるところです。具体的な取り扱いについては、事業活動を行う市町村にお問い合せ下さい。東京都清掃局では『油を吸着して粉末の外側に油がでていなければ公共の埋めたて場に投棄してよい(但し塩素系液体吸着後を除く)。』という判断です。
 
6.保管について
Q1.-保存方法・保証期間について教えてください。
製品は密閉して冷暗所に保管します。品質保証期間は5年です。
 
Q2.吸着限界に達していないスノムをもとの袋に返した場合どうなりますか。
問題ありません。スノムはカプセル状の分子構造を持っていて、一度吸着した油は外に滲み出ません。カプセル構造になっていない吸着剤の場合は油が滲み出す可能性が高いので、吸着限界に達していなくてもスノムを一緒にしないで下さい。油が染み出さなければ未使用のスノムを目覚めさせることはありません。

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。