営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084

メールお問合せはこちら

03-3388-8079

合成界面活性剤とは

界面活性剤とは

界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称です。構造としては、1つの分子の中に、水になじみやすい「親水性」と、油になじみやすい「親油性」の2つの部分を持っています。この構造が、本来、水と油のように混じり合わないものを、混ぜ合わせるのに役に立ち、汚れを落とす洗浄の働きをするのです。代表的なものに石けんがあります。
浸透作用
布を水に浸しても、繊維の中に水はなかなか入っていかず、なじみません。これは、界面張力(水の分子同士が引き合う力)が強く働いているためです。水に界面活性剤を入れると界面張力が下がり、繊維の表面と水がなじみやすくなるため、繊維の中に水が簡単に入っていきます。
乳化作用
水に油を混ぜようとしても、分離してしまいます。ここに界面活性剤を加えると、界面活性剤の親油基が油の粒子を取り囲み、親水基が外側に並ぶため、水と油が均一に混ざり合うことができます。
分散作用
粉体を水にいれても、混ざり合わずに表面に浮かんでしまいます。ここに界面活性剤を入れると、ススの粒子は界面活性剤の分子に取り囲まれて、水中に分散します。

洗剤や石けんは上に述べたように、界面活性剤の三つの作用が総合的に働いて、汚れを落とすのです。

 

合成界面活性剤について

合成界面活性剤とは石油などを原料に作られた界面活性剤のことを言います。合成界面活性剤は本来混ざらないものを混ぜる作用があり、汚れを落とす洗剤やシャンプーなどに使われています。ただ汚れを落とすのなら問題ないのですが、本来混ざらないものを無理やり混ぜるのですから、肌に触れればバリアゾーンを破壊する可能性があります。 また合成界面活性剤が海や河川へ流出すると、環境問題へと発展します。

合成界面活性剤はバクテリアによって分解されることはありません。 有害成分を含む合成界面活性剤が流出することで、環境ホルモンによる生態系のトラブルが起こります。

バイ・ファーゼットMという選択

 どうしても広範囲の洗浄が必要で、なるべく環境を損なわずに作業を行う場合にプロがすすめる鉱物油分解洗浄のBY・FAR Z-M(バイ・ファーゼット エム )があります。

従来の洗剤は、汚れや油を高粘度状態のまま、洗剤分子で除去しようとし、汚れを剥がす力を強めるため、界面活性剤が多く必要としていました。取り除いた油の粒子は大きく、微生物の分解許容範囲を超えているため、すべてを分解しきるのに時間がかかります。そして、微生物が分解しきれなかった汚れがそのまま海や河川に流れ込み、油紋やオイルボールを発生させます。また、施設内では油の固化による配管閉塞などが引き起こされるのです。

BY・FAR Z-M(バイ・ファーゼット エム )は、油に接触すると、油の粒子を極めて小さくしてしまう効果微細化」があります。この「微細化」が進めば進むほど、その比重は限りなく水に近い状態になります。更に、水が加わることによって、細かくされた粒子間に水が流入し、粒子間距離が広がり、分散「加水分散」されます。

この「微細化」と「加水分散」の効果により、微生物が分解しやすいサイズになり、分解が容易になり、環境負荷が大幅に低減されます。

鉱物油分解洗浄剤
18リットル缶
微細化+加水分散で自然への負荷を低減
外装:ダンボール箱
25,000円(消費税別)
送料当社負担
3種類の容器があります。
バイ・ファーゼットM

 

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。

お問い合わせ・相談はこちら

有限会社アセンティー関東のホームページにお越しいただきありがとうございます。
お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

03-3388-8084

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

サイドメニュー