営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084
03-3388-8079
駐車場

道路や駐車場などのアスファルトにオイルをこぼしてしまうと焦りますよね。特に賃借している敷地内であれば、高額な清掃費を請求されてしまう可能性があるため、なおのことです。

この記事では、道路や駐車場などのアスファルトにオイルや各種油をこぼしてしまったときの処理方法をご紹介します。ぜひお試しください。

汚れ落としは、汚れと反対の性質をもつ洗浄剤で中和させることがポイントです。油は酸性ですからアルカリ系の洗剤が有効です。

 

 

道路や駐車場などのアスファルトにオイルをこぼした時の清掃方法

一般的な油の清掃方法を紹介します

  1. 重曹で落とす
  2. 台所用洗剤で落とす
  3. セスキ炭酸ソーダで落とす
  4. アルカリ性洗剤で落とす
  5. ディグリーザー(洗浄用化学溶液)で落とす

1.重曹で落とす

まずは重曹を試してみましょう。重曹は、オイルのシミの部分にふりかけ、60℃以上の熱湯をかけて使用します。重曹がペースト状になるくらいに固まったら、たわしやデッキブラシでこすりましょう。

その後、5~6時間放置します。そうしたら、さらに60℃以上の熱湯をかけてこすりましょう。これで清掃は完了です。

 

2.台所洗剤で落とす

台所用中性洗剤はご自宅にあると思いますが、こちらもオイルのシミの除去に使えます。なぜなら、台所用中性洗剤には油を浮かせて落とす働きがあるためです。洗浄力が高いわけではなく、1回ではなかなか落ちないため、繰り返し使いましょう。

台所用中性洗剤の使い方ですが、まずオイルのシミの箇所に直接かけます。そうしたら、水で濡らしたデッキブラシやたわしでこすり、水で流します。これをオイルのシミが落ちるまで繰り返せばOKです。

3.セスキ炭酸ソーダで落とす

セスキ炭酸ソーダとは、重曹と炭酸ナトリウムで構成されたアルカリ剤のことです。洗浄剤の中でも環境にやさしいのが特徴です。

セスキ炭酸ソーダも、基本的には台所用中性洗剤と使い方は同じです。オイルのシミに直接かけて、水で濡らしたデッキブラシやたわしでこすり、水で流します。これをオイルのシミがとれるまで繰り返しましょう。

 

4.アルカリ性洗剤で落とす

アルカリ性洗剤は、マジックリンなどのことで、こちらもご自宅にあるかと思います。アルカリ性洗剤も油汚れに効くため、アスファルトにこぼしてしまったオイルを落とせます。

アルカリ性洗剤も、台所用中性洗剤やセスキ炭酸ソーダと使い方は同様です。注意点としては、洗剤がアスファルトに残らないようにしっかりすすぐこと。なぜなら、洗剤がアスファルトに残っていると、新たなシミの原因となるためです。

5.ディグリザーで落とす

ディグリーザーとは、自転車のチェーンなどのメンテナンスに使用する化学製品のことです。もしこれまでにご紹介してきた方法でオイルのシミが落ちなければ、ディグリーザーを試してみましょう。ディグリーザーは洗浄効果が強力なため、頑固なオイルのシミも落とせるかもしれません。

ディグリーザーの使い方は、まずオイルのシミに直接かけます。そうしたら、少し時間を置きます。その後、水で濡らしたデッキブラシやたわしでこすりましょう。

ディグリーザーは水性であるため、水で簡単に流れます。もしディグリーザーがたまたまご自宅にある場合は、最初から使ってみるといいでしょう。

道路や駐車場などのアスファルトにこぼしたオイルがどうしても落ちなかった場合

上記の方法を試してもオイルのシミが落ちなかった場合は、それ以上無理に落とそうとするのをやめましょう。なぜなら、アスファルトに傷をつけてしまい、かえって状態を悪化させてしまう恐れがあるためです。

どうしても落ちない場合は、汚れを隠す方向でアプローチしましょう。例えば、細かい石や砂利をまいて目立たなくしたり、コンクリート用のペンキで上から塗装して隠したりすることが手段として挙げられます。

私たちがすすめるシミ除去商品2つ

黒いシミになる前に!いつもスノムワイド1000Fを用意しておく

油対策に万能!スノムワイド1000F

店舗の駐車場や道路などに黒く残ってしまったシミは見た目が悪くなるのできれいにしておきたいものです。
でも時間がたって黒くなったシミを落とすのは結構大変です。

そこで事前に用意しておくと便利な商品があります。

スノムワイド1000Fです。(1kg×10袋)
使い方は簡単、油やオイルが漏れた場所にまいて足で踏み固めるだけです。中に含まれているバクテリアが油を吸着すると同時に油を分解してくれます。

【シミになった油の処理】にバイ・ファーZM

シミ落としに最適なバイファーZM

使用場所:床面、機械器具、油タンク排水性舗装、コンクリート舗装、河川流出油洗浄

使 用 例:床の洗浄(10倍希釈液)計量器・オイルキャッチタンクの洗浄(20倍希釈液)
     作業衣・タオルの洗浄(500~1,000倍希釈液)道路に流れた油の洗浄(20~100倍希釈液)

濃  度:3~100倍に希釈して使用

  • 外装:ダンボール箱 (消費税別)

使用方法は簡単です。バイ・ファーZMを水で薄めます。油がこぼれたところにまいて、油を浮かせ、その後デッキブラシで洗浄します。
時間が過ぎてシミになった油は効果が出にくくなることがあります。


バイ・ファーZMは微細化+加水分解の二つの作用で油が落ちてきれいになります。
水系洗剤のため舗装や塗装面を傷めず、消防法上の備蓄制限がありません。
 

お問い合わせ・相談はこちら

有限会社アセンティー関東のホームページにお越しいただきありがとうございます。
お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

03-3388-8084

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

お見積りはこちらから

  お電話でのお問合せはこちら

03-3388-8084

サイドメニュー