営業時間
9:00~18:00
 定休日  
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください  

03-3388-8084
03-3388-8079

油・オイルが漏れた場合の対応手順

油・オイルが流出した時の対処方法について
軽油や重油、ガソリンなどの燃料が道路や工事現場物は河川や海などに油が流出すると、発火の危険性やその水を利用する水道や農業、水産業などに大きな影響を及ぼすことがあります。

また、油は水中で分解されにくく、油流出を未然に防止するため、油を使用する際には、十分な注意と対策を行いましょう。

油流出が発生した時の対策・対応方法

初動体制が重要
油流出が拡散する前に止める

1.応急措置
 
油等の流出を止めるバルブを締める。ポンプを止める。緊急槽へ移送する。

2.拡散防止措置を行う
オイルフェンスを設置し、吸着材を散布し油を回収する。

3.関係機関への連絡
消防署、港湾・漁港管理者、 漁連・漁協、河川管理者、海上保安庁、市町村、都道府県への連絡対応表を予め作成しておく。

油流出を止め、状況を把握する

1.流出元を特定する
流出元を早く突き止め、バルブ、ポンプ等を止める。

2.油等はどのような種類か確認する
油種と量を特定する。

3.流出先の把握
どこの経路でどこに流れていくかを確認する。

 

被害の拡大防止措置の実施 

1.下流側の排水路、排水口を閉鎖する。
流出が止まらない場合は緊急槽を使用する。

2.オイルフェンス等の設置
オイルフェンス等を設置し、下流域等への流下拡散を防止する。

3.油吸着材を用いて回収
オイルフェンス等で集めた油等は油吸着粉、マッ ト、シート等の油吸着材により回収する。

4.油を水で洗い流すことは厳禁です。
油の事故では先ず回収!  油が流出した時に水で流すと汚染が拡大し、対策がさらに困難になります。 

大型トラックから軽油、潤滑油が流出、スノムワイド(N)で対処

燃料油が流出

携帯電話をかけるため道路左側よって停車しようとして、寄り過ぎて、横転し田んぼに油を流出させた。

スノム散布直後

スノムワイド(N)を散布して水面に広がった軽油を瞬時に吸着、二次汚染を防止した。

草のあいだの油も吸着

スノムは粉状なので、水田のような草が密集しているところでも草の間に入り込み、油をすぐに吸着した。

池に油が大量に流出する

スノムゲルフェンス

A重油が流出したため、油の拡散を防止するためにフェンスで囲い込みます。

スノム粉末タイプ

スノムワイド(N)とスノムマット水面用の併用により、油の吸着を進めます。

スノムマットタイプ

粉末とマットが油を吸着が進行し水の間が見えてきて吸着作業は程なく終了しました。

スノムワイド(N)

瞬時に油を吸着し油の再流出がありません。水を弾き油だけを吸着し、吸った油はバクテリアが油を水と油に分解します。
10kg22kgの油を吸着します。陸上、水面等幅広くお使いいただけます。

オープン価格ですお問い合わせ下さい。

スノムマット水面用

油水分離槽やグリストラップ清掃、内水面など水面の回収に力を発揮します。20枚1セットで36kgの油を吸着し、長期間浮いています。マットの表面の色が茶色に変化したら取り替えの合図です。

オープン価格ですお問い合わせ下さい。

スノム土壌(NS-1)

スノム土壌(NS-1)

トラックの燃料油が畑や田んぼなどの圃場に流れ出た場合の使用に適しています。

今までにない油土壌再生材で、小規模の油土壌をすみやかに浄化します。
内包のバクテリアが油土壌の油分を分解して再生し、油土壌を約1ヶ月で浄化します。

含有成分は、植物繊維、セラミック化粘土、栄養剤、生分解性バクテリアで構成されています。

自然の材料で作られ、人畜、植物に無害で金属への腐食性もない環境対応商品です。

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当社のサービスについてご紹介しております。

会社概要

当社の概要とアクセスマップを掲載しております。

お問い合わせ・相談はこちら

有限会社アセンティー関東のホームページにお越しいただきありがとうございます。
お問合せ・ご相談はお電話またはメールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

03-3388-8084

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

お見積りはこちらから

  お電話でのお問合せはこちら

03-3388-8084

サイドメニュー